会社員のあれこれ

真に受けるタイプの真面目な人は、少し適当に仕事するくらいがちょうどいい!

こんにちは、Sappiです。当ブログに訪問下さりありがとうございます!

最近思うのです。

Sappi
Sappi

仕事の一つ一つを完璧にしようとして、息が詰まりそうになる。

少しテキトーになってこなすくらいがちょうどいいかなぁ?

この記事を読んでるあなたは、私と同じタイプですか?

自分にとってまだ知識や経験が浅い仕事でも、まわりから求められると、できる限り完璧に仕上げようとします。

それがうまくいけばいいのですが、完璧にできなかった場合、いちいち真に受けて凹んでしまう。

このスタイルは向上心があっていいのですが、自分にかなりの負担とストレスをかけています。

私は、新しいプロジェクトチームの一員を任され、この数か月悩んでいたのですがテキトーさも自分に必要かな、と最近思い始めたのでこの思いをシェアさせてください。

今、同じように悩んでいる方にとって、読んだ後少しでも心が軽くなっていただけたら幸いです。

仕事に対して適当になれず、完璧を目指してしまう

「適当」って各人のさじ加減によってだいぶ変わってきますよね。

毎日のタスクでお客さんから依頼されたこと、社内の人から依頼されたこと、自分ひとりで完遂できるタスク等、やることが沢山ありますよね。

その案件や報連相全てを出来るだけ早急に終えて、新たに依頼されたタスクをこなす日々です。

一つでも「うっかり」ミスはできません。

って真面目な人は思いながら仕事してるんですよね。私もです。

全て完璧にしよう、依頼のあった人へ期待以上の返事を期待以上の速さでしよう、って。

常に全速力で駆け抜けてる感覚です。体調や精神的にすこぶる調子いい時期ならOKです。

でも365日毎日、全速力で後ろから仕事に追われながら走り続けていると、息切れしてしまいます。

「それが仕事」だと思ってたんですが、周りを見渡すと、どうやらそうじゃないみたいです。

全速力で仕事を続けるにはエネルギー回復が必要

全速力で走るにはエネルギーが必要です。

今まで少し休憩してすぐに仕事に戻り、おしゃべりもあまりせずデスクでカタカタ高速タイピングしてました。

仕事の途中で休憩したり、コーヒー飲んだり、休憩中に親しい同僚とおしゃべりしたり、同じ部署の人と雑談したり、他部署の人と交流したり。今までは、こういったことに時間を割くより、少しでもより多くの仕事をこなそうと、思ってました。

でも、こういったゆとり時間をもつことで、実際にはエネルギーが少し回復してきます。

それに頻繁に休憩してる人を見ても、「またサボってんな」ってあまり思わなくなりました。

少し適当に仕事することで自分へのストレスが軽減される

真面目に完璧に仕事をしてる人にとって、「少し適当」にするほうがちょうどいい。

少し適当にしたとしても、他の人と同じくらいか、それ以上にきっちり仕事をしているはずです。

この返信、10分以内にしなきゃいけない?ううん、この仕事の後でも大丈夫!

自分を追い詰めすぎるのはもう止めようと思います。

返信がすぐじゃなくても、書類作成が今日中じゃなくても、知識が足りずにうまく説明できなくても、まわりにすごく迷惑かけない限り大丈夫!

少し適当になって、おおらかな気分で仕事に取り組んでみてください。

上司から指摘があっても、真に受けなくて大丈夫です!上司の放つ言葉以上のものはありません。深読みなんてしなくてOK!

あなたは今まで十分に頑張ってるし、今も頑張ってます!(と、自分にも言い聞かせてます(*^_^*))

完璧に仕事をしようとして、息苦しさを感じた場合は、「適当でOK!」という言葉を心の中で唱えてみてください。そして、休憩したり、他の人と雑談してみたり、お手洗いでゆっくりメイクや髪の毛を整えたりして、デスクにずっと座りっぱなしにならないよう席を外してみてください。

少しでも快適にお仕事ができるよう、一緒に「適当に」頑張りましょう!!!

脱・会社依存についての記事はこちら↓ ↓ ↓

ABOUT ME
さっぴ
さっぴ|幼少期から内向型で無口な性格がコンプレックス|小3の時に好きな男子から目の前で「無口!」と言われたり、社会人になってもお客さんから「不愛想」と言われる。|社会人10年目にして受講した心理学講座で、自分・他者とのコミュニケーションを学んだことがきっかけで、自信がない状態からたった1年で、女性で最短・最速の昇進昇給を実現する。|現在は内向型・HSPさん専門のカウンセラーとして、生きづらさに悩む人に伴走して「やっぱり私が好き」と心から感じられるメソッドをご提供。