自己実現

他人と比べて落ち込む⇒自己否定。のネガティブループから抜け出すには?

こんにちは、Sappiです。

「友人や知り合いのSNS発信をつい見てしまう。
リア充してるなぁ。それに比べて私は…」

「あとから入社した後輩が、社内で評価されてる。
私のほうが社歴長いのに、自分何してたんだろ…」

人と比べて落ち込むことって、
日常あるあるですよね。

 

落ち込みすぎると、

「やっぱり私にはできない」

「私ってそんなに能力ないのかな…」

ってどんどん自信がなくなってしまいます。

そんな時には
少し、思考をはさむことで
ネガティブループをくいとめることができます。

ということで、
人と比べてしまっても
ネガティブループに陥らない考え方について
書いていきます。

人と比べてしまう時の4パターン

 

実は私も
めちゃくちゃ人と自分を比べてしまいます。

身近な例でいうと…

  • 同僚女性のようにうまく雑談できない
  • Aさんのようにブログで適切に言語化できない
  • Bさんの旦那さんのようなイケメン旦那がほしい

とか、
あげだしたらキリがないんですが。ww

 

そもそも
人と比べてしまう時って次のパターンのいずれかです。

  • 自分がほしい性格を他人がもっている
  • 自分がほしい未来を他人がもっている
  • 自分がほしい人・物を他人がもっている
  • 自分がほしい能力を他人がもっている

 

つまり、
人と何かを比べてしまう時は
自分が今、
何がほしいかを示すサインなんです。

 

例えば、
バレー部に所属している高校生は
テニスが上手な同級生を見ても何も感じません。

でも
他校のめちゃくちゃバレーが上手な
同級生を見ると、

「うわー…私、レベチじゃん…」

って落ち込んでしまいますよね。

この高校生がほしいのは
バレーの技術(能力)です。

 

 

会社の例でいうと

会社の後輩が、若くて仕事もできて
まわりから頼られる存在になっている。

いっぽうで、私は入社以来、
ずっと同じルーティンだ…

この場合、
あなたがほしいのは
仕事ができて人から頼られる未来です。

もし
あなたが、
「仕事の評価なんてどうでもいいしー」
というタイプなら
モヤモヤした気持ちにならないですよね。

 

人と比べてしまう裏には
あなたの願望が隠れているんです。

人と比べることは人生好転の大チャンス

 

人と自分を比較してしまう時は、
自分が望むものを知れるチャンスです。

だから
そこで自分ダメだなぁって思う前に
さらにこう考えてみてください。

 

自分と他人を比べたこと、

つまり
先ほどの例でいうと、

バレーの技術や、
社内で頼りにされる存在になることは、

あなたが努力したいこと?
・そもそも、そこまで努力したくないこと?
もしくは、自分だけではどうにもならないこと?

どちらでしょうか。

 

もしあなたが、

努力してあの人みたいになりたい!とか
もっと上達したい!

と思ったなら
迷わず行動にうつしたほうがいいです。

できている人の技術を真似たり
学びに投資したり。

 

一方で

そこまで情熱を注ぐほどでもないよな、とか
これって自分だけではどうにもならないことだよね

であれば
もう忘れちゃっていいです。

なぜなら、それは
そこまで好きじゃない人に
渋々アプローチしているようなものだから。

それよりも

この人いい!
この人から好かれたい!
と思う人に猛アタックしたいですよね?

そっちに100%エネルギー使いたいですよね。

 

 

人生は有限です。

落ち込むときも、もちろんあります。

ただ

落ち込んでいる時間を減らして
いかに快適な自分でいられる
時間を増やすことができるかで

日々の充実度が変わります。

日常でふと
人と比べて落ち込みそうになったら

これって、本当に私が努力したいことかな?

って自分に問うてみてくださいね♡