人間関係

会社での報連相が苦手。変な気を使って話しかけれない。

こんにちは、@Sappiです。


”機嫌悪そう。声かけづらいなぁ。

話しかけるのドキドキする。

でも今日のクレーム、報告しなきゃ…”

会社の一コマで
こんな風に思うこと、ありませんか?

会社員であれば、
「報連相ができる人は仕事ができる」
とよく言われていますよね。

あなたが新入社員でも、中堅社員でも
会社の組織に属している限り、
報連相は義務です。

そうは言っても、
繊細な私はあれこれ考えてしまう。

まず、

・相手の表情・行動から機嫌を察する
・今すぐ報告すべきことか考える
・どんな風に切り出そうか考える

結論から?
過程から?

事実だけ?
感情も含める?

そうなると、
私の頭はこんな独り言だらけ。

”あの上司忙しそう…。
こんな些細な事を報告したらウザいって思われるかな。”

”あとで報告しよう。”
→1日経過
”今、報告したら、何でもっと早く報告しないんだ!
って怒られるかな…。昨日、言っておいたらよかったぁ”

 

私も、相手の気持ちを想像してしまって(し過ぎる)
上司や社長に報連相しにくい時がたまにあります。

そんな時、どうするか?
私なりの経験からお伝えしますね。

脳内で”すごろく”を描く

私は過去に2回転職してるので、
合計3社経験してるんですね。

で、色んな上司に会ってきました。

・逐一報告してたら、
「細かい連絡はしなくていい!」っていう人。
後でまとめてやってくれタイプ。

・何もかも報告されたい人。
全ての情報を集約したいタイプ。

・そもそも報連相を気にしないタイプ。
⇒一番、楽。だけど、管理能力に疑問あり。

 

報連相する相手にもよりますが
私は、報連相するか・しないかで迷った時、
頭の中ですごろくを描きます。

  1. 報告した場合どうなる
  2. 報告しなかった場合どうなる
  3. 明日(もしくは来週)報告したらどうなる

この3パターンで行動した場合、
その後どうなるか、
脳内シミュレーションします。

で、
過去の経験から
たいてい①を選んだほうがいいって
結論になるんですよね ww

自分の中で、
”こんな些細なこと報告して大丈夫かな…?”
って思うことでも、
報告したら、
「そう、了解。ありがとう」
って、言葉が返ってきます。

 

報連相を受ける立場になって
想像すると

1.こまめに報告してくれる社員
2.あまり報告しない社員

どちらが印象いいですか?

2の場合、
”この子、何考えてるんだろう…”
”こんな貴重な情報、何で言ってくれなかったんだ”
って思いませんか?

1の場合、
自分の意見も交えて
報告してくれると
”この子、やるなぁ…”
って思わせることもできます。

 

『脳内すごろく』
迷った時は、やってみてください。

報連相以外でも

”この業務、今したほうがいい?”

”この仕事、誰に依頼したほうがいい?”

”この悩み、誰に相談したほうがいい?”

こんな状況でも
シミュレーション楽しんでみてください!

報告する時は客観的な事実+α

報告しにくい案件であれば
めちゃくちゃ緊張しますよね。
手配ミス、クレームとか。

でも、言わずに隠し続けるほうが
もっとしんどいです。

だって、その悩みを自分一人で抱える時間が
さらに長くなるから。

それに、いいことも悪いことも、
報連相したほうが、
相手からの信頼度が確実にあがります。

トラブルやクレームの報連相の場合、
自分が批判されたくない気持ちから
他責な発言を無意識にする時があります。

でも、
報告を受けてる側からすると
「部下のミスで…」
「お客さんが…だったから、こうなった」
のような言い訳が聞こえた時点で
イライラします。

そんな時は
自分の感情はとりあえず横において、
客観的な事実にフォーカスして
報告すると
相手もあなたの言葉を受け入れやすくなります。

プラス、
自分なりの解決策を考えておいて

「こういう状況で、今こうなんですけど、
この件に関しては、こういう対応を考えてますが
どうでしょうか?」

 

と、1回の報告で完結できるように
事前に作戦を練っておきます。

相談を受ける側も
それに対して、YESかNOかの選択になるので
返答がスムーズになります。

まとめ

・報連相すべきか迷ったら
 脳内すごろくでシミュレーション

・言いにくい報告は
 客観的事実+自分の意見

言いにくいことでも
ドキドキしながらでも、
報連相し終わった後は、
絶対気持ちがスッキリしてるので

大きな声で、ハキハキと
上司・社長に報連相してください。

1回、2回、3回と繰り返していくことで
確実に慣れてきます。

上司の個性に合わせた報連相も
コツをつかんで、徐々に
出来てくるようになりますよ。