HSP

【内向型・HSP】過敏な五感を知れば生きやすくなる?あなたの五感診断チェック!

内向型の定義は様々ですが

「外部からの刺激に敏感な人」

と言えます。

 

 

HSPも

Highly sensitive(かなり繊細)と文字通り

繊細な人をさします。

 

 

両者に共通するのは

平均より五感がするどく、

外からの影響を受けやすいことです。

 

 

どうすれば私たち内向型・HSPは

少しでも生きやすい世界で住めるのか?

 

 

今回はこのテーマで書いていきますね。

 

自分の優位な五感を知ることからはじまる

 

 

まず結論です。

 

自分の優位な五感を知って

状況に応じて使い分けることができれば、

生きやすくなる、です。

 

 

 

まずは「優位な五感」について

ざっくり説明しますね。

 

 

 

人間にはそれぞれ優位な感覚があります。

優位=過敏と同じですね。

 

 

視覚・聴覚・体感覚

主に3つの感覚にわけられています。

(嗅覚と味覚は体感覚に含まれます。)

 

 

ぱっと読んで、あなたはどれが

優位だと感じましたか?

 

 

 

実は、それぞれのタイプで特徴があります。

下記はざっくりと書いていますが

あなたにあてはまるものはどれですか?

 

 

視覚が優位

・話すスピードが速い

・話す時、目が上方向によく動く

・デザイン、見た目を重視する

 

 

聴覚が優位

・話すスピードは普通

・話す時、目が横方向(耳の高さ)に動く

・音の違いに敏感

 

 

体感覚が優位

・話すスピードは遅い

・話すとき、目が下方向に動く

・「~な感じがする」など、感覚的な表現をする

 

 

 

ここで注意していただきたいのは

視覚だけとびぬけて優位な人もいるし、

3つとも平均的な人、

2つが主に優位な人もいます。

 

人によってかなり個人差があります。

 

日常で自分の優位感覚を意識して活用する

 

ある程度、自分の優位な感覚が

わかってきたら、

次はそれを適切に使い分けていきます。

 

 

優位な感覚は

ストレスを強める要素でもあり、

リラックス感を高める要素にもなります。

 

 

 

視覚が優位な人は、

目から入ってくる情報(テレビ等)を選別して、

自分にとっていい影響のあるもの(映画・絵画等)を

とりいれると気分がよくなりますよね。

 

 

聴覚が優位で、

些細な物音が気になる、という方は

図書館や落ち着いたカフェにいくと

リラックスできます。

 

 

 

体感覚が優位な人は、

自分でボディマッサージをしたり、

お風呂にゆっくりつかったり

体が喜ぶことをしてあげるといいです。

 

 

こんな感じで、

自分の優位な感覚にとって

①何がストレスになっているか?

→ストレスになっているものを減らしていく。

 

➁どんなことでリラックスできるか?

→新たに取り入れてみる。

 

を考えながら日常を送ると

生活の質がグンっとあがっていきます

 

 

 

今回はざっくりと

お伝えしておりますが、

カウンセリングセッションでは

感覚や潜在意識を活用しながら

さらに深掘りしていきます。

 

 

 

繊細な内向型・HSPさんは

「自分を知る」こと

生きやすくなる傾向があります。

 

お試しカウンセリングにて

今のお悩みを相談してみませんか?

◇◇◇◇

 

当カウンセリングでは、

あなたのお話を丁寧におうかがいし

あなたの感情に寄り添い、

 

あなたが本当に願うこと、できることを

引き出すお手伝いをしています。

 

カウンセリングでは、

あなたの味方になり、伴走します。

指摘・説教などは一切しないので、ご安心ください^^

 

初回カウンセリングでは

毎月3名様限定にて特別価格にて

ご案内させて頂いております。

>>カウンセリングのご案内・料金はこちら

 

カウンセリングに不安がある、という方は

こちらのQ&Aもご覧くださいね。

ABOUT ME
さっぴ
さっぴ|幼少期から内向型で無口な性格がコンプレックス|小3の時に好きな男子から目の前で「無口!」と言われたり、社会人になってもお客さんから「不愛想」と言われる。|社会人10年目にして受講した心理学講座で、自分・他者とのコミュニケーションを学んだことがきっかけで、自信がない状態からたった1年で、女性で最短・最速の昇進昇給を実現する。|現在は内向型・HSPさん専門のカウンセラーとして、生きづらさに悩む人に伴走して「やっぱり私が好き」と心から感じられるメソッドをご提供。