HSP

【お悩み】性格が暗い、ってそんなにいけないことですか?

「性格が暗い、ネガティブ思考って

そんなにいけないことですか?」

 

 

私の答えは、

「暗くても大丈夫です!」

です。

 

 

 

「性格が暗い」と

悩む人にとっては、

「暗くても大丈夫だよ」と言われると

少しほっとするのではないでしょうか。

 

 

 

私が「暗くても大丈夫」と

お伝えする理由を

これから書いていきますね。

 

「明るい・暗い」は相対的な評価だから

照明の明るさ・暗さは

数字で測ることができます。

 

でも、性格の明るさ・暗さは

数字で表すことができません。

 

 

仮にあなたが

「私って性格暗いな…」

と感じていても

 

あなたと似たような落ち着いた人

たくさんいる会社で働いていると

どう感じますか?

 

 

 

あなたが会社で浮くこともないし

性格で悩むこともなくなりますよね。

 

 

 

そもそも

どんな人が明るくて

どんな人が暗いという

区切りは存在しないですよね。

 

 

 

言葉だけにとらわれずに

あなたはあなたらしくいてくださいね。

 

 

人は物事ではなく、物事に対する感情に振り回されている

 

この世の中、

どうしても

明るい→〇、暗い→△

という図式が正解のように言われています。

 

 

でも、これって

本当でしょうか?

 

 

本当は、

物事に「いい・悪い」なんてないはずです。

 

 

なぜなら、

全ての物事には二面性があるから。

 

 

 

物事に「いい・悪い」がないとしたら

なぜ私たちは悩むのでしょうか。

 

 

 

それは、

物事そのものではなく、

物事に付随する感情に悩まされているからです。

 

 

暗い

→自分は劣っている

→消極的になって行動できない

 

一般的には

こんな風に考えてしまいがちです。

 

 

 

それを、

次のように考えることが

できれば、どうでしょうか。

 

暗い

→そんな自分も好き。認めている。

→やりたいことを積極的にやる

 

 

 

暗いからのスタートは

同じですが、

ゴールが異なってきます。

 

暗くてもいいんです。

 

だから、

暗くてもいいんです。

 

※注
何度も言いますが、
そもそも暗いに「いい・悪い」はありません。

 

 

物事に対する、

あなたの感情が肯定的であれば

 

もっと積極的にあなたの人生を

楽しむことができます。

 

 

 

そんな日々が送れたら

すごく幸せに感じませんか?

 

 

 

今回の記事が少しでも

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

当カウンセリングでは、

自分の感情にむきあって

自己肯定感を育むセッションを

行っています。

 

 

物事に対する感情を

肯定的に変えたいな…と

思う方は、お試しカウンセリングにて

お待ちしております。

↓ ↓

◇◇◇◇

 

当カウンセリングでは、

あなたのお話を丁寧におうかがいし

あなたの感情に寄り添い、

 

あなたが本当に願うこと、できることを

引き出すお手伝いをしています。

 

カウンセリングでは、

あなたの味方になり、伴走します。

指摘・説教などは一切しないので、ご安心ください^^

 

初回カウンセリングでは

毎月3名様限定にて特別価格にて

ご案内させて頂いております。

>>カウンセリングのご案内・料金はこちら

 

カウンセリングに不安がある、という方は

こちらのQ&Aもご覧くださいね。

ABOUT ME
さっぴ
さっぴ|幼少期から内向型で無口な性格がコンプレックス|小3の時に好きな男子から目の前で「無口!」と言われたり、社会人になってもお客さんから「不愛想」と言われる。|社会人10年目にして受講した心理学講座で、自分・他者とのコミュニケーションを学んだことがきっかけで、自信がない状態からたった1年で、女性で最短・最速の昇進昇給を実現する。|現在は内向型・HSPさん専門のカウンセラーとして、生きづらさに悩む人に伴走して「やっぱり私が好き」と心から感じられるメソッドをご提供。