自己実現

目立たない「内向型人間」が職場で大活躍?!

こんにちは、Sappiです。

会社の中で

「毎日、退屈な業務で退屈だー。

うん?

そういえば、同僚のAさんは、
そこまですっごく知識や経験が
豊富じゃないのに、
いつも花形の仕事やプロジェクトを
任されてるな。

…なんでだ?!」

って思うときありませんか?

そしてそんな人の中に、
内向型の人も多くいますよね?

ずばり、私も内向型人間の一人。

 

私は、
入社してからしばらくは、

・お茶くみ
・コピー取り
・営業から指示された資料を探しに行く
・ミーティングに参加しても片隅で
座敷童のように無音・無動でいる 笑

こんなぐだぐだで生産性のない日々を過ごしていました。

それが、
数年後には自分が望んでいた海外案件を任され、

海外出張はあなたにお願いしたい
お客様の接待にもきてほしい

と言ってもらえるようになり、
仕事が充実してくるにつれ、

毎朝6時に起きて出勤支度をするのも
苦痛でなくなったんです。

自転車での通勤途中も
”今日はあの仕事を片付けて、来週の出張準備してと…”
ワクワクしながら頭で仕事の段取りをしてたくらい。笑

…すごい変化でしょう?

今回の記事では
内向型の人がいかにして職場で同僚・部下・上司から
信頼され、やりがいのある仕事を任されるのか
について書きます。

 

内向型人間の必勝法とは?

 

内向型人間は基本的に
あまり主張せず、声が小さかったり

昔の私のように会議室の隅のほうで
息をひそめながら(笑)
参加しているか・してないか
わからない感じの人も多いかもしれません。

組織として機能する会社では
発言内容がでたらめでも
声が大きい人の意見がとおるような
会社もあると思います。

会議室では声の大きい者が制する?!

それならば
完全に内向型人間って、完全に不利ですよね。

でもちょっと待ってください。

実際は
そういう訳でもないんです。

 

結論から言うと、
内向型人間が会社で活躍したい場合
会社やお客さんのことを考えて主体的に仕事をする
ことが最短の方法です。

少し詳しく説明すると

・人から指示されたこと”だけ”をやらない
・会社やお客さんのためになる行動をする
・今まで何気なくしていた業務にも改善・工夫を加える
(いかに効率的にできるか)
・業務案件の大小関わらず、自分の提案をいれてみる

ことです。

 

なぜ
会社やお客さんのことを考えて主体的に仕事をする
ことで、会社で活躍する自分になれるのか?

それは
圧倒的に会社やお客さんのことを
考えて行動してる人が社内でほとんどいないから。

考えてみてください。

会社やお客さんのことを考えて主体的に仕事してる人
ってどんな人ですか?

経営者”ですよね。

経営者目線で仕事をすすめられる人って
社内ではかなり重宝されます。
(特に管理職、経営陣から)

普段の業務、まだまだ改善できるんじゃない?


そうはいっても、

私はそんな器の人間じゃないし
第一まだまだ経験も少ないし…

って思っていても
最初はもちろん、小さいことから
始めてみてください。

例えば私の例でいうと

・営業部で共有している紙媒体の資料を
PDFにして、目次をつけてPC内にデータ保存した

・お客様からの突発対応(商品至急手配)の
頻度が少なくなるように定期メンテナンスの通知を事前に行う

・海外取引先とのメール(英文)でのやり取りを
英語が苦手な部下・同僚でもできるように
定型文やメール例文を作成しマニュアル化した

・現状手書きで行ってるあらゆる作業を
ノートパソコン内で完結できないか検討した

などなど、

今まで何気なくしていた作業に工夫を加えました。

これにより
・仕事の効率化
・お客様への商品納期短縮
・部下、同僚の英語メール攻略

が実現しています。

こんな些細なことでも
残業時間削減できたり、
お客様に安心してもらえたり
社員のレベルアップになったり

複数のメリットがありますよね?

そして
こんな会社やお客様に有益な
提案・行動をしてくれる社員に
身近な管理職は一目置くようになります。

もちろん、
あなたが今は会社員で
将来的にフリーランスや起業を
視野にいれている場合は

将来的には自分が責任者になるので
”経営者目線”で主体的に仕事をすることは
絶対に役に立つし

会社員で給料をいただけてる今、
試行錯誤してみるのが最高の起業準備になりますよ。

話の聞き方ってめちゃくちゃ大事

それともう一つ大切なことが。

会社やお客様のことを考えること
って結局、
相手のニーズを的確に把握して
パズルがピタッとはまるように

そうそう、これが欲しかったんだよ!
これやってほしかったんだよ!

って言ってもらえないと意味ないですよね。

だって

お客様にとって
有益でなかったり
別にそんなん要らないよ”っていう
サービスや商品に何か月も時間と費用をかけるのは
かなりもったいない。

はたまた
会社の理念(たいていは経営陣の意向)に
そぐわない提案もばっさり切られてしまいます。

じゃあ、どうすればいいか

相手の発する言葉や表情、行動から読み取るんです。

これって
内向型人間が得意なところだったりします。

内向型の人は
あまり自分からは話さないので
相手の話をよく聞ける。

それに観察力も優れているので
顔の表情から相手の感情も感じとれる。

会話中に

”相手は何を大切に思ってるんだろう?”

と考えながら、聞くと、本音の部分が見えやすくなります。

あなたが聞き上手なら
相手は自分からどんどん重要ポイントを
お話してくれる場合もありますね。

相手が本当に求めているものを把握して
提案・行動していくことで
確実にあなたの会社での立ち位置が変わってきます。


自分は大人しいタイプから活躍できない…

って思ってる内向型の人は
ぜひ、自分の特性を生かして
日々の仕事時間を充実させてくださいね(^^)